ナットウキナーゼで血栓症予防

納豆の酵素ナットウキナーゼ健康パワー!

ナットウキナーゼは。。。ナットウキナーゼで血栓症を予防する

・固まってしまった血栓(血管のつまり)を溶かす

・骨を強くする

・動脈硬化を予防する

・便秘を改善する

・エコノミー症候群に効果を発揮する

 

日本人の病気の約70%は血栓症が原因です。

日本人の病気の七割は血栓症(血管の病気)が原因だといわれています。

死亡率のトップはガンですが、これと並んで致死率の高い心疾患・脳疾患の多くは、血栓症によるものです。

血栓症は突然、心筋梗塞や脳内出血などを引き起こし死に至るケースも少なくありません。


血管は、身体の隅ずみへ酸素や栄養を運び、体内にたまった老廃物を運び出す生命活動のパイプ役を担っています。

心臓や肝臓などのあらゆる臓器を覆う血管、また血管そのものにも張りめぐらされた毛細血管を血液が通って、滞りなく循環することで体内の新陳代謝は行われています。

しかし。。。、 この大切な血管も、25歳を過ぎる頃から老化が始まります。

血管壁には脂質などの不純物がたまり始め、血管内がだんだん狭くなっていきます。

スムーズな血流を阻害する血栓が毛細血管に入り込むと、血管にフタをして血流を止めてしまい、脳でならば脳梗塞、心臓でなら心筋梗塞を引き起こします。

 

血栓を溶かすナットウキナーゼ

納豆は煮豆に納豆菌を加え、発酵させてできるものです。

煮豆にはもともと酵素はありませんが、納豆菌が大豆をエサにして作りだす酵素がナットウキナーゼです。

その殆どは納豆のネバリ物質の中に含まれます。 しかし。。。

ナットウキナーゼには大きな弱点があります。それは胃酸に弱いことです。 でも。。。

ナットウキナーゼは酸には弱いのに、納豆のナットウキナーゼは胃をすり抜けます。その秘密は。。。

納豆のネバネバ成分であるムチンにあります。

ナットウキナーゼがムチンで包まれているので、ナットウキナーゼは胃をすり抜けることができるのです。

納豆にはもう一つ不思議なことがあります。

ナットウキナーゼは薬のような副作用がありません。止血が必要なときに、血が止まらなくなったりしないのです。

この秘密はビタミンK2にあります。ナットウキナーゼとビタミンK2は、うまくバランスを取りながら血液を健康に保ってくれます。

 

血液を健康に保ってくれる! 納豆キナーゼは血栓を溶かします。

全身の血管を全部つなぎ合わせると、およそ10万キロになります。地球を2周半する長さです。

納豆にはナットウキナーゼプロウロキナーゼ活性化酵素が含まれていて、血栓を溶かします。

↓この画像はシャーレの人工血栓が溶ける様子です。

 

※ ビタミンKは「良くない」と巷で言われている様ですが...

ビタミンKは、1934年にデンマーク人のダムによって発見されました。

ビタミンKは血液を固まらせるという説が、まことしやかにささやかれています。

ビタミンKの噂を検証してみましょう。

まず、名前。「ビタミンKのKは、Koagulation(=凝固)というドイツ語から命名された」という説があります。

ビタミンA、B、C、D・・・は、基本的にビタミンとしての認定順です。

昔は、ビタミンFもあったのですが、ビタミンの定義が変わって欠番となっています。

ビタミンKのKが(Koagulation=凝固)からきているというのは、明らかに間違いです。

もし、ビタミンKが血栓を起こすなら、日本では血栓が多発していたでしょう。

なぜなら、伝統的な納豆の食べ方は納豆汁でした。

納豆汁では、ナットウキナーゼ活性はなくなりますが、大量のビタミンKは破壊されずに残ります。

しかし、納豆汁で血栓が起きることはありませんし、血液に異常が生じることもありません。

ビタミンKは凝固因子の形成にかかわりますが、凝固因子そのものではありません。

ビタミンK悪者説に拍車をかけたのが、ワーファリンとの相互作用です。ビタミンKは抗凝固剤ワーファリンの効き目を消失させます。

ワーファリン服用中の患者がビタミンKを大量に摂取すると、ワーファリンの効き目がなくなるのです。ワーファリンを服用している患者さんは、血栓ができやすい状態にあります。

その状態でワーファリンの働きをなくすと、血栓ができてしまうことが多いというわけです。このため、ビタミンKが血栓を生じさせると誤解されました。

この様にビタミンKが血栓を生じるというのは、間違った見解です。

 

納豆はこの様に、血栓症の予防にたいへん効果的です。

でも。。。

納豆を食べる習慣の少ない関西から西の地域の方は、納豆が健康に良いと分かっていても、なかなか食べれないものです。

それに、ダイエットを気にする人には高カロリーなのも気になるところです。。。

そこで、納豆の健康パワーを飲み易いサプリメントにした「ナットウキナーゼ ナトフェミン」の紹介です。

ナットウキナーゼ ナトフェミン ナットウキナーゼ ナトフェミン

ナットウキナーゼ ナトフェミンは生の納豆に最も近い健康食品です。

ナットウキナーゼがムチンで包まれているので、胃酸でナットウキナーゼが壊れることが少ない!

生の納豆と同じようにビタミンK2を含んでいる、自然な健康食品!

納豆菌を含んでいるので、スッキリとお通じがあります!

葉酸など話題のビタミンもたっぷりと入っています!

生の納豆の成分に近い自然な食品で、副作用の心配がない!

【内容】
ソフトカプセル60粒入り。1日朝夕に2粒、約1ヶ月分です。1カプセルの内容量は250mg、すごく飲みやすいです。2カプセルに納豆抽出粉末(22,000FU/gram)が140mg入っています。これは生の納豆約75グラム分に相当します。


「ナットウキナーゼ ナトフェミン」2粒(=1日分)に含まれる栄養素

【ナットウキナーゼ】
「ナットウキナーゼ ナトフェミン」に使われているナットウキナーゼは、22,000FU/gの活性を持っています(倉敷芸術科学大学須見教授の測定)。

高活性だから、2粒で納豆75グラムに含まれるナットウキナーゼが摂取できます

ナトフェミンのナットウキナーゼは、生の納豆と同じようにムチンで覆われていて、胃酸の影響を受けにくくなっています。

【ビタミンK2】
「ナットウキナーゼ ナトフェミン」2粒には約27マイクログラムのビタミンK2が含まれています。

これは、ホウレン草1株またはピーマン100グラムに含まれるビタミンKに相当します。

ビタミンK2はカルシウムを骨に固着させる作用があります。

【納豆菌】
「ナットウキナーゼ ナトフェミン」2粒には、約7000万個の納豆菌が含まれています。

納豆菌は乳酸菌などと同じように、腸内で善玉菌を増やし、腸の調子を整えてくれます。

納豆菌ダイエットが注目されているのはこのためです。

【欲張りなマルチサプリ】
「ナットウキナーゼ ナトフェミン」には、カボチャ170グラムに相当するビタミンEが含まれています。

妊娠中やピルユーザに不足しがちなビタミンB6や葉酸も、所要量が摂取できます。

このほか、DHA・EPA・カルシウムなども添加された総合健康食品です。


ご注意
循環器の病気でお薬を服用中の方は、必ず医師にご相談ください。


ナットウキナーゼ ナトフェミンは自然の贈り物、納豆の良さを大切にした納豆サプリメントです。

通販快速
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー