世界の名画をあなたのお部屋に・・・

モネ、ルノワールらに多大な影響を与えた『印象派の父』 マネ

エドワール・マネ Edouard Manet (1832-1883) フランス
写実主義 、印象派

1832年、マネはパリに生まれました。理想化された美を追求する当時にあって、マネは等身大の市民生活を常に奔放に描きました。

その明るく軽快なタッチと色使いは、後々の印象派の画家たちに多大な影響を与えました。

彼は誰よりも評価と成功を望んでいながらも、実際の作品はサロンに挑戦するかのようなものでした。

マネの作品の背景には、近代都市パリの人々の生活と、日本の浮世絵(ジャポニズム)を通した文化交流があります。日本の美に影響されたマネの画風を、どうぞ堪能してみて下さい。

 

◇作品紹介


 

マネ「笛を吹く少年」
サロン展には落選した絵で、ゾラが熱烈に弁護したのは有名です。スペイン絵画の巨匠であるベラスケス(1599−1660)の手法の影響とコントラストの強い色彩や単純化した人物表現は日本の浮世絵版画の影響が見られます。

所蔵 オルセー美術館
サイズ (縦 65cmx横 47cm) 号数 M8号

 
HOME
作品紹介(作者別)
ルソー
ルノワール
モネ
セザンヌ
ゴッホ
ミレー
ピカソ
ドガ
ダヴィンチ
ドラクロワ
コロー
ユトリロ
マネ
≫ モディリアーニ
無料サンプル【世界の名画の複製画】
 
商品カタログ【世界の名画の複製画】
世界の名画の複製画 【販売元 名画ドットネット】

 

 

 

 


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー